岩盤浴の効果的な入り方

岩盤浴の効果的な入り方

どばどば汗をかける、として有名な岩盤浴。
この岩盤浴の効果を最大限に引き出すような入り方というのはあるのでしょうか。
では、効果的に岩盤浴に入る方法をご紹介しましょう。

 

まず第1に入浴時間とその姿勢についてです。

 

入浴時間は15〜20分程度が目安になります。
その時の姿勢はうつぶせと仰向け。それぞれ10分ずつ程度やるといいでしょう。
その後5分ほど休憩してください。

 

長時間入ってるほうがなんかベテランっぽくてカッコイイ!なんて思わないでください。
かえってのぼせてしまい、逆効果になります。無理はしないこと。

 

次に水分補給のタイミングです。

 

岩盤浴の効果を引き出すには水分補給も大切です。
入浴中、休憩中にかかわらず喉が渇いたな、と感じたらこまめに水分を補給するようにしましょう。

 

特に、岩盤浴をする前に水分を補給しておくと汗が出やすくなりますよ。
汗には体に必要なミネラルも混ざって一緒に出て行ってしまいますので、
飲むのはミネラルウォーターがオススメです。

 

最後にかいた汗の処理についてです。

 

岩盤浴をすると汗と一緒に新鮮な皮脂も分泌され、自然の保護膜が肌に出来上がります。
これは天然の保湿剤にもなるため、サロンなどによってはシャワーで流すのではなく
タオルで拭き取ることをおすすめしている場合があります。
シャワーを浴びても特に問題はありませんが、肌が乾燥しますからボディソープなどで洗うのはNGです。

 

岩盤浴のルールと効果をあげる方法は意外と簡単なのです。
今からでも実践できるこの方法で、もっともっと汗をかいて健康な体になりましょう。