岩盤浴の石の種類

岩盤浴の石の種類

岩盤浴は、温かくなった天然鉱石の上に横になり、
汗をかくという新しい健康法として注目されています。そんな岩盤浴ですが、
使われている天然鉱石には様々な種類が存在しているようです。

 

ここでは、岩盤浴で使われている石の種類について、いくつかご紹介しておきたいと思います。

 

【長命石】
発汗作用が強く、老廃物を排出させる効果が高いと言われている石です。

 

【アルス玉】
特殊セラミックのセラミックボールであるため、表面は抗菌や消臭作用があります。
遠赤外線効果が強く、新陳代謝をアップしてくれます。

 

ヒマラヤ岩塩
ヒマラヤ岩塩には、非常に豊富なミネラルが含まれています。
そのため、体の免疫力を高める他に、美肌効果を発揮してくれるでしょう。

 

【バドガシュタイン】
ラジウム鉱石のひとつであるバドガシュタインは、人間の血液をイオン化させる効果を持っていると言われています。

 

【黒雲母石】
あの有名なゲルマニウムを豊富に含んでいる石として知られています。
免疫力や自律神経を活発にさせるだけでなく、リラックス効果も持つ石です。

 

【那智の黒石】
とても良い寝心地の石として有名です。
新陳代謝を高めてくれるため、ダイエットや美肌づくりに高い効果を発揮してくれる石です。

 

【ブラックシリカ】
神天石という名前も持っているブラックシリカは、遠赤外線だけではなくマイナスイオンもたくさん放出します。

 

【角閃石】
これは韓国の料理として非常に有名な石焼ビビンバの器に使われている石のことです。
体を中から温めるのに、高い効果を発揮してくれます。

 

この他にも、岩盤浴に使われている石には色々な種類が存在します。
ひとつひとつで変わった特徴を持つため、自分が求めている効果を発揮してくれる石を探していきましょう。